コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#415 新宿の「舞台クラスター」は人災か…“3密”蔑ろで主演・山本裕典ら30人感染

f:id:costlife:20200717100637j:plain

会場の新宿シアター モリエール

 新型コロナウイルスクラスターを発生させた舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!―」(会場:新宿シアターモリエール)への批判の声が高まっている。

 

 主演の山本裕典(32)、企画プロデュースした映画評論家の有村昆氏(44)をはじめ、キャストやスタッフ21人、観客9人の計30人の感染が12日までに判明すると、歌舞伎俳優の尾上松緑(45)はブログにこう書いた。

「はっきり言おう。こんな奴等は劇場サイド、主催者、出演者、スタッフに至るまで、どいつもこいつも素人の集まりだ(中略)ふざけやがって 考え無しに目先の金に釣られて尻尾振りやがった罪は深い 万死に値する(中略)慎め、餓鬼 舞台を舐めるなよ」

 

 俳優の古田新太(54)も13日のテレビで「細心の注意を怠っちゃいけないんじゃないかな。劇場は楽しみに来られるところだから」とコメントした。

 おなじ芸能界、とりわけ舞台関係者からの批判の声が大きいのは、自粛延期の長いトンネルのなか、ようやく新国立劇場が再開し、歌舞伎座といった大きな劇場の再開も近づいているというのに、そうした機運に水を差しやがってという思いからだろう。

 

f:id:costlife:20200717101726j:plain

舞台HPより

舞台や劇場でのクラスターは日本初

 報道などによると、問題の舞台は感染拡大の背景に体調不良の出演者がいながら上演を強行、楽屋は8畳ほどしかない小劇場にもかかわらず、公演中は密閉状態にしたり、公演後に観客と出演者が握手したりと、避けるべき3密を蔑ろにしたとされる。

 

 同舞台を主催した株式会社ライズコミュニケーションはHPで「ガイドラインに即し、出演者に対し、稽古及び舞台中に37.5度以上の熱が出たり、体調不良を覚えたりした場合には、直ちに制作スタッフに申告していただくようお願いしておりました」と一部報道を否定するが、舞台や劇場でのクラスターは日本初のこと。

 

 今回の件は“人災”という見方を否定できないだけに、再開を待ち望んだ舞台人、観客はやりきれない。