コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#376 委託費3000億円に批判 観光支援策「税金無駄」の恐れ 野党追及、政権に打撃も

f:id:costlife:20200606145404j:plain

経済産業省国土交通省などから予算の事務委託費をめぐりヒアリングを行う野党各党の議員=4日午後、国会内

 

 政府が新型コロナウイルス対策で実施する観光需要喚起策「Go To キャンペーン」をめぐり、最大3095億円が事務委託費に回され「税金の無駄」につながるとして、立憲民主党など野党が批判を強めている。

 

 コロナ対策では予算の使途に関する野党の追及に政府が十分に対応できない場面が目立つ。国民の疑念を払拭(ふっしょく)できなければ、政権の求心力低下に拍車を掛ける可能性もある。

 

 「Go To キャンペーン」の総事業費は1兆6794億円に上り、4月末に成立した2020年度第1次補正予算に盛り込まれた。利用客に対するクーポンやポイントの付与などを通じて需要を増やし、新型コロナで売り上げが急減した観光、飲食といった事業者を支援するのが狙い。7月下旬にも開始する方向だ。

 

f:id:costlife:20200606145807j:plain

Go To キャンペーンの主な事業

 

 政府は事務委託先の公募を5月26日に開始。今月8日に締め切り、選定する。野党は、利用者の恩恵につながらない事務経費に予算額の約2割に相当する3095億円が投じられることを問題視している。

 

 これに対し、政府は利用実績の確認や問い合わせへの対応、広報などに必要な経費だと説明。それでも赤羽一嘉国土交通相は3日の衆院国交委員会で、立憲の荒井聡元国家戦略担当相に「可能な限り縮小する」と釈明せざるを得なかった。

 

 野党が4日実施したヒアリングでは、国民民主党原口一博国対委員長が委託費の減額を求めたのに対し、経済産業省の担当者が、予算が成立済みであることを理由に「減額の予定はない」と回答。その上で、事務経費は可能な限り効率的に使い、余った予算はクーポン付与などの原資に回すと述べ、理解を求めた。

 

 野党が中小事業者支援策「持続化給付金」の事務委託費について徹底追及の構えを崩さない中、「Go To キャンペーン」は来週始まる2次補正予算案審議の新たな火種となりそうだ。