コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#303 安倍政権ドケチぶりに地方シビレ 自治体が独自の現金給付

f:id:costlife:20200415231945j:plain

自粛するなら金をくれ!

 30万円の臨時給付金はたった2割の世帯に絞り込み、休業補償も突っぱねる安倍政権。国のドケチ対応にシビレを切らした地方自治体が次々と独自の給付型支援を打ち出している。

◇  ◇  ◇

 

 共同通信世論調査(4月10~13日実施)では82%が「国が休業補償すべき」と回答している。しかし、安倍首相は「休業に対して補償を行っている国は世界に例がない」とかたくなに拒否。その結果、東京都は休業要請に応じた事業者に対し、50万~100万円を支払う独自の協力金制度を創設。5月7日から順次支給する予定だ。神奈川県も14日、10万~30万円の給付を発表した。

 独自の動きは市町村レベルにも拡大。“ない袖”を振って給付型支援を打ち出している(別表)。

 

f:id:costlife:20200415233457j:plain

地方自治体が打ち出した給付制度


 14日、福岡市の高島宗一郎市長は、「今はお金を出すべきだと判断した」として、家賃補助など100億円規模の独自の支援策を発表。千葉県の市川市は、野球場の改修を見直すなどして、財源60億円を捻出し、給付金の支給を決めた。来月から支給が始まる。村越祐民市長は「先行きが見えない市民の不安に寄り添うため、迅速な手当で支援していきたい」と語った。

 

国は上から目線で地方自治体を縛ろうと

 法大名誉教授の五十嵐仁氏(政治学)が言う。

「税収が潤沢な東京都はともかく、どこの自治体も財政事情は非常に厳しい。それでも、住民に近いところで仕事をしている首長は独自の給付型支援を打ち出さざるを得ない。休業や失業で収入が消える事業者や住民を目のあたりにすれば、すみやかな現金給付が必要なことは明らかです。国の支援を待っている猶予がないほど切迫した事態だということです。地方の独自支援は広がっていくでしょう」

 
 ドケチ政権はケチなだけじゃない。上から目線で地方自治体を縛ろうとしている。

 緊急経済対策の一環として自治体向けに創設される臨時交付金1兆円について、西村康稔経済再生相は13日の参院決算委員会で「国からの交付金は(自治体が行う)事業者への休業補償には使えない」と政府の紐付けを強調した。
 
「地方への交付金を出すのなら、使い方は地域の実情をわかっている自治体に委ね、国は口出しすべきではありません。使途に条件が付けられると、自治体は柔軟な対応ができなくなる。余計な時間や手間がかかったり、適切な支援ができなくなる恐れがあります」(五十嵐仁氏)

 ケチな上にクチは出す――。いいかげんにしてほしい。