コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#243 過去最大108兆円の緊急経済対策を閣議決定…収入減世帯への30万円給付は5月にも

f:id:costlife:20200407225151j:plain

108兆円の経済対策 閣議決定

 政府は7日の臨時閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策と、2020年度補正予算案を決定した。財政支出は39・5兆円程度、事業規模は国内総生産(GDP)の約2割にあたる108・2兆円程度で、過去最大となる。

 財源確保のため、新規国債を16兆8057億円発行する。このうち赤字国債は14兆4767億円で、12年の第2次安倍内閣発足後、経済対策のために赤字国債を発行するのは初めて。

 緊急経済対策は「緊急支援フェーズ」と「V字回復フェーズ」の2段階で行う。

 世帯主の収入が減った低所得世帯などに1世帯あたり30万円を5月にも給付し、児童手当の受給世帯には子ども1人あたり1万円の臨時給付金を支給する。収入が半分以下に減った中堅・中小企業に最大200万円、個人事業主に最大100万円を支給し、税金や社会保険料の納付を1年間猶予する。担保や延滞料、延滞税は免除する。

 一方、観光や運輸、飲食、イベント業などを支援するキャンペーンには約1兆6794億円をあてる。