コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

#157 新型肺炎で病院職員の子「いじめに」冷静な対応呼びかけ

f:id:costlife:20200201211828j:plain

中国湖北省武漢市から29日に帰国した邦人191人を受け入れている勝浦ホテル三日月(ホテル提供)


 新型コロナウイルスの陽性反応が出た男女2人が入院している亀田総合病院千葉県鴨川市)は31日、鴨川市役所で市職員や医療、消防関係者約100人を集めて説明会を開いた。病院職員の子どもらが「いじめに遭っている」として、市民らに冷静な対応を呼びかけた。
 

 勝浦市の勝浦ホテル三日月に滞在中に陽性反応が出た2人を受け入れた経緯について、細川直登・感染症科部長は「感染症専門医が必要になり、厚労省と官邸からも(受け入れ要請の)連絡があり、水際対策のお手伝いをすることになった」と話した。

 

 2人がいる病室には厳重な防護措置があると説明し、「ウイルスが屋外に出ることは一切ない」と断言。ホテルに滞在中の帰国者についても「全員が検査で陰性を示しており、コロナウイルスを持っている人は1人もいない」と冷静な対応を呼びかけた。

 

 病院の夏目隆史・顧問によると、2人を受け入れた30日以降、子どもを持つ職員などから「(言葉による)いじめを受けた」などの相談が十数件相次いだ。ホテル従業員の子弟も同様のいじめにあったとの情報を得た。このため、市側に適切な対応を求める必要性を感じて説明会を要請したという。