コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#153 関東は雪でなくても大雨に注意 西日本は朝まで暴風・高波に警戒(27日19時更新)

f:id:costlife:20200127230118j:plain

関東甲信 山沿い中心に大雪 28日(火)朝は東京23区でも積雪か

 関東甲信では、月曜日の夜から火曜日の朝にかけては山沿いでは大雪となり、平野部でも内陸部では積雪となる所がありそうです。その後、平野部の雪は雨に変わりますが、関東では長時間の雨となり、1月としては大雨になるおそれがあります。一方、西日本の天気は回復傾向ですが、朝まで暴風や高波に警戒が必要です。

 関東甲信地方では月曜日の夜から火曜日にかけて、山沿いを中心に大雪になるおそれがあります。平野部でも、火曜日の朝までは内陸部を中心に積雪となる所がありそうです。

 東京都心は雨が主体ですが、気温が低くなれば、雪になる時間もあるでしょう。

 特に雪の量が多くなりそうなのは、関東北部の山沿いや甲信で火曜日の夕方までに最大で30から40センチ。東京23区でも2センチの降雪が予想されていますので、火曜日の朝は路面の凍結や交通の乱れなどに注意が必要です。

 その後、平野部の雪は雨に変わってきますが、東日本や東北南部では夜にかけて雨が降りやすくなります。
 特に関東では長時間の雨となり、1月としては大雨になるおそれがあります。雨のピークは夜で、風も強まりそうです。

 一方、西日本の天気は日中には回復し、太平洋側では晴れ間が戻るでしょう。
 ただ、朝までは海上を中心に風が強く吹きますので、暴風や高波に注意が必要です。

 日中の気温は全国的にはきのうより高い所が多く、高知は18℃、鹿児島は16℃まで上がる予想です。

 ただ、東京は最高で7℃予想で、空気の冷たい一日となりそうです。

 

ウェザーマップ社提供