コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

#136 Windows7のサポートが終了 10への移行どうやる?【その1】

f:id:costlife:20200113213855j:plain

1月14日にウィンドウズ7のサポートが終了する。1月14日を過ぎたら利用を控えるのが賢明だ。12月上旬現在、7を起動すると警告が頻繁に表示される

 

 2020年1月14日にWindows7のサポート期間が終了する。19年12月上旬現在、7パソコンを起動すると、上のように警告画面が大きく表示される。この警告を無視してサポート終了後も使い続けることは可能だが、あまり賢明ではない。XP終了のときと同様に、今後はアプリなどの7対応が打ち切られていくからだ。最新のアプリや周辺機器、ウェブサービスなどが使えない状況に陥ってしまう。

 

■今後はウイルスに無防備に、最新のアプリも使えない

 サポートが切れた7にはセキュリティーの更新も提供されない。新種のウイルスや詐欺サイトなどに対して無防備状態になってしまうので、使い続けるのはかなり危険だ。サポートが切れる前に是が非でもウィンドウズ10に移行したい。

 10を手に入れる方法は大きく2つ。現在使っている7搭載パソコンを10にアップグレードするか、新たに10パソコンを購入するかだ。お勧めは前者のアップグレード。その方法には、7の個人データやアプリをそのまま10に引き継げる「上書きアップグレード」と、まっさらな状態の10にする「クリーンインストール」がある。他人に譲渡するなど特別な理由がないならば、前者をお勧めする。OSを入れ替えるだけなので、手間はそれほどかからない。

 

■10にすると遅くなる? いえいえ、起動は高速に

 最新OSは見栄えが良くて機能も増えているためか、「古いOSよりも動作が重い」と思い込んでいる人もいるかもしれない。だが、ウィンドウズは8から高速起動の機能が盛り込まれており、上書きアップグレードの前後で起動時間を比べると、10のほうが速い。また、ディスクやグラフィックスの速さを計測する総合ベンチマークソフトで比較しても、アップグレードの前後で差はほとんどなかった。

 1月中旬の7終了に続き、ウィンドウズ8.1も23年1月にはサポート期間の終了が予定されている。一方、10は現在のところサポート終了の予定がないので、7からOSを乗り換えるなら10一択だ。

 7のサポート期間が切れると、それまで定期的に配布されていたセキュリティー関連の更新プログラムや有償サポートも一切なくなる。有償の企業向け延長セキュリティーアップデート(ESU)は23年1月まで引き続き提供される予定だが、個人の利用は想定されていない。なお、XP終了のときを振り返ると、甚大な被害が予想されるセキュリティー関連の更新だけは今後も例外的に提供されると思われる。

 一般にOSのサポート期間が終了すると、アプリや周辺機器、ウェブサービスなどの対応も徐々に減っていく。すでに7対応の終了日を予告しているメーカーもある。10は現在のところ、後継OSやサポート終了の予定がなく、11月には最新版の「ノベンバー2019アップデート」が無償配布され始めた。

 

次ページ【その2】は:■ダメモトで試してみよう、問題があっても元に戻せる