コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#114 ふっこう割 箱根町などで始まる

f:id:costlife:20191229151526j:plain

ふっこう割

 台風19号で被災した地域の旅館やホテルに宿泊すると、1泊あたり最大5000円が割り引かれる「ふっこう割」が、神奈川県の箱根町などで始まりました。

「ふっこう割」は災害で観光客が落ち込んだ被災地域を支援しようと、国が観光客の宿泊や旅行の代金の一部を補助する事業です。


 神奈川県内では、ことし10月の台風19号で被災した川崎市小田原市、それに箱根町など19の市町村が対象で、今月26日から旅行会社などで受付が始まりました。


 旅行ごとの上限はありますが、指定された旅行会社などを通じて1泊以上の旅行・宿泊を申し込むことで、1人1泊につき、最大で5000円の割り引きが受けられます。


 実施期間は来年2月28日までで、神奈川県への国の補助金、およそ2億3400万円の予算がなくなり次第、終了となります。


 県観光企画課は「台風19号で旅行のキャンセルなどが出た地域に観光客が戻ってもらいたい。割り引きで浮いたお金を食事やお土産などに使ってもらうことで、地域経済を活気づけてほしい」としています。