コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

#110 「あえて真夏開催」の東京オリンピック、日程変更ムリな理由が判明【その1】

最高気温、35度以上

 東京五輪開催まで残り7ヵ月を切った。しかし、マラソンの札幌開催など、ギリギリまで続くドタバタ劇に多くの疑問や違和感を持った方も多いだろう。

東京五輪は、2020年7月24日から8月9日(パラリンピックは8月25日から9月6日)にかけて開催される。そもそも、なぜあえてクソ暑い7月に開催するのか。

 この時期の東京は毎日のように猛暑日(最高気温が35度以上の日)が続く。2019年7月29日~8月4日、都内では、たった1週間で1857名が熱中症で救急搬送されている。

f:id:costlife:20191226212330p:plain

東京オリンピックパラリンピック

 前回'64年の東京五輪は、10月10日が開会式だった。今回も気候の良い10月に開催すれば、わざわざマラソンを札幌で行う必要もなかった。選手やボランティアスタッフの熱中症対策に莫大なカネを費やす必要もない。しかし、東京五輪には絶対に「7月開催」をずらせない事情がある。

 「これはIOC(国際オリンピック委員会)の問題なのです。IOCアメリカの放送局から多額の放映権料を受け取っています。そのため、アメリカの『4大スポーツ』が盛んな秋を避け、閑散期であり、高い視聴率が獲得できる夏に五輪を開催させたいのです」(スポーツライター玉木正之氏)


 米NBCユニバーサルは'14年のソチ五輪から'32年の夏季五輪まで10大会分の米国向け放映権を120億ドル(約1兆3000億円)という莫大な金額を支払い、独占契約している。IOCはこれだけの「お得意先」の意向を無視することは絶対にできないのだ。

すべてアメリカファースト

 当の米放送局側はどう考えているのか。アメリカの「3大ネットワーク」の一つであるCBSのスポーツ部門「CBSスポーツ」の元社長、ニール・ピルソン氏が語る。

 「7~8月にサマーオリンピックを開くのは普通のことです。IOCは『7~8月に開催せよ』と命じたわけではありません。

 9~10月には、アメリカではNFL(ナショナルフットボールリーグ)の試合や野球のワールドシリーズがあり、カレッジフットボール(アメリカンフットボールの大学リーグ)も始まる。アメリカのスポーツ経済を考えると、秋よりも夏に開催するほうがいいのです」

 おわかりいただけただろうか。最初から選手や観客のことなど考えていないのである。

 『オリンピック秘史 120年の覇権と利権』の著者、ジュールズ・ボイコフ氏が語る。

 「この時期の東京での開催は、選手や観客の健康に配慮しているとは言えません。私も昨年7月に2週間ほど東京に滞在しましたが、非常に高温で、熱中症で亡くなる人まで出ている。

 そんな状況で競技を行おうとしているのは信じがたいことです。頑なにこの時期の開催にこだわるのは、アメリカの大手放送局の利益以外の何物でもないのです」

 

次ページ【その2】は:人気競技の決勝はすべて午前中