コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

#51 市原ゴルフ練習場 土地売却で補償へ

f:id:costlife:20191126124238j:plain


 千葉県
市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒れ、周辺の住宅に大きな被害が出た問題を巡って、練習場側と住民の間で和解に向けた手続きが始まり、練習場側は土地を売却して補償に充てる考えを示しました。

 

 この問題はことし9月、台風15号の強風で「市原ゴルフガーデン」の鉄柱13本が倒れて、周辺の住宅約20棟が壊れ、その住宅の修理費用の補償などを巡って、練習場側と住民の間でトラブルになっているものです。

 

 練習場側は、「災害ADR」・裁判外紛争解決手続きを使って話し合いにより早期解決を目指すと表明していて、23日、千葉市にある県弁護士会では、練習場側と住民側それぞれが仲介する弁護士と面会しました。

 

 練習場の代理人によりますと練習場側からはすでに住民から出されている被害金額の申告書などを仲介弁護士に提出したうえで、和解に向けて今後、補償内容などを検討していきたいと伝えたということです。

 

 そして練習場側は24日会見を開き、住民への補償について練習場の土地を更地にしたうえで土地の買い手を募集し、その売却費を補償に充てる考えを明らかにしました。今後は、練習場側と住民側の双方が和解に向けてどう歩み寄れるのかが注目されます。