コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

#37 台風被害、川崎市の説明に住民ら批判

 台風19号で浸水被害に見舞われた神奈川県川崎市で住民説明会が行われ、市の判断や説明に批判が相次ぎました。

 先月の台風19号で浸水被害に見舞われた川崎市中原区川崎市によりますと多摩川の水位が想定以上に上がり、多摩川の水が排水管を逆流したということですが、市は当時、逆流するのを防ぐゲートを閉めませんでした。

 「明らかに河川水位が上がっているような状況の中で、ゲートを閉めないで開けっ放しでいるというのは、どういうことなんだ」(住民)

 「操作手順が間違っているから、操作手順に従ったことで間違いが起きている。これをまず変えた方がいい」(住民)

 およそ500人の住民が参加した説明会で市は、ゲートを閉めなかったのは街中に降った雨を排水するためだったと説明しましたが、住民からは「ゲートを閉めなければ逆流することは想像できた」などと批判が相次ぎました。

Q.感想は?

 「こんな答えだなと思って。明日やってもまた同じようなことで、何の解決にもならない」(浸水被害に遭った クリーニング店の男性)

 市は今後も地区ごとに説明会を開く予定です。(20日01:58)

f:id:costlife:20191112220520j:plain