コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

#35 台風19号被災地を両陛下がお見舞いへ

 宮内庁は19日、台風19号の被災地お見舞いのため天皇、皇后両陛下が12月下旬に宮城、福島両県を訪問される方向で検討していることを明らかにした。

 両陛下の被災地お見舞いは即位後初めてで、平成時代に築かれた象徴の務めとしての被災地訪問が令和の時代にも引き継がれることになる。


 宮内庁によると、両陛下は台風19号が上陸した10月12日から甚大な豪雨被害に心を痛め、避難生活を送る人たちの生活を心配されてきた。

 早期のお見舞いを希望されていたが、10~11月は即位礼正殿(せいでん)の儀や大嘗祭(だいじょうさい)など重要な即位関係の儀式が続いたため、宮内庁は12月中の訪問を検討してきた。

 関係者によると、日程は12月26日を軸に日帰りとする方向で調整が進められている。


 天皇陛下は今月9日の陛下の即位を祝う国民祭典で「寒さが募る中、避難を余儀なくされ、生活再建が容易でない方が数多くおられることを案じています」と話された。

 両陛下は皇太子夫妻時代、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県を計9回訪問。復興を担う若者と交流するなど、様々な形で被災者に寄り添われてきた。

 

f:id:costlife:20191112220520j:plain