コストライフの防災ブログ改め「新しい生活様式(New Life Style)」ブログ

~新型コロナと共存しつつ、社会経済活動を行っていくために、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の取組を定着することが重要です。一緒に取り組んでいきましょう~

台風

#472 町の景色変わった 修理が進む一方、離れる人も… 台風15号から1年 

2020年9月、ブルーシートがかけられた建物が減り、工事のために足場を組んだ住宅が見られた=千葉県館山市布良で 2019年の台風15号で、千葉県館山市では約6500戸の住宅が損害を受けた。漁港町の布良(めら)でも、建物が倒壊したり、屋根瓦が…

#470 「台風で室外機が倒れたらどうする?」「大雨で浸水してもエアコンは使っていい?」 ダイキンが災害時によくある質問と回答を公開

室外機が倒れたらどうする? ダイキン工業は9月7日、災害時に起こりやすいトラブルと対処法として、「室外機の転倒防止策」「倒れてしまった室外機の対応」などの情報を公開しました。台風による転倒や位置ずれが心配されるこの時期、覚えておきたい知識です…

#469 「かなりの被害を覚悟」 台風10号 九州各地で住民緊迫、早めに避難 

台風10号が接近する中、多くの荷物を手に避難所に入る人たち=熊本県人吉市 非常に強い勢力の台風10号が接近した九州・山口は6日、気象庁が「最大級の警戒」を呼びかける厳戒態勢の中、沖縄・南大東島や鹿児島・奄美、宮崎県の一部などから次々に暴風域に入…

#468 鹿児島県に台風の特別警報発表の可能性 「暴風吹き始める前の6日午前中に避難を」

会見する象庁の中本予報課長 気象庁は5日午後8時から臨時の記者会見を開き、大型で非常に強い台風10号が伊勢湾台風級の勢力で6日夜の初めごろから夜遅くにかけて、鹿児島県(奄美地方を除く)に接近・上陸するおそれがあるとして、「6日午前に台風の特別警報…

#467 台風10号 早めの対策を 今やるべき台風への備え

台風10号は、この先急速に発達しながら北上し、6日(日)から7日(月)かけて、奄美地方から九州に特別警報級の勢力で接近または上陸するおそれがあります。台風に備えて、今やるべきことをまとめました。 今週末にかけて特別警報級の台風接近 今やるべき備えは?…

#466 台風10号 九州で停電リスクが非常に高まる

台風10号は、週末以降に過去最強クラスの勢力で九州や沖縄に接近するおそれがあります。甚大な被害につながる危険性があり、停電リスクも高まる見込みです。 3日(木)15時発表の最新情報をお伝えします。 台風10号は、6日(日)午前中に沖縄や奄美、6日(日)夜か…

#465 台風10号「早めの対策を」 特別警報級恐れ、気象庁呼び掛け

台風10号 昨年15号より強い恐れ 気象庁は2日、台風10号について「特別警報級の勢力に発達する恐れがある」と発表した。 杉本悟史主任予報官は取材に対し、「これだけの台風が九州や四国などに接近することはそれほどない」と指摘。週末までに居住地のハザー…

#462 川崎の台風浸水、被災住民ら市提訴へ 多摩川水門操作の責任追及

川崎の台風浸水 住民ら提訴へ 昨秋の台風19号による大雨で多摩川の水が排水管を逆流して市街地にあふれ出た川崎市の浸水被害を巡り、被災した住民らが30日、年内にも市を相手に、建物の修理費や慰謝料などの損害賠償を求めて提訴する方針を明らかにした…

#457 台風、過去40年で変化 多く、強く、遅くなった… 気象庁が分析

多く強く遅く 40年で台風変化 日本の太平洋側に接近する台風が過去40年で増加しており、東京では1シーズンあたり1.2個増えていたと、気象庁気象研究所が分析結果を発表した。接近する台風はより強くなった上、移動速度は遅くなっていたという。 気象研による…

#426 避難情報「指示」に一本化 「勧告」廃止…逃げ遅れ防ぐ

避難情報「指示」に一本化へ 九州地方を中心とした今月の豪雨など近年相次ぐ大規模災害を受け、自治体の避難情報の見直しを進めていた政府が、避難勧告を廃止して避難指示に一本化する方針を固めたことが25日、分かった。災害対策基本法に基づく避難勧告の…

#425 おかえり箱根登山鉄道 台風で被災、9カ月ぶり全線開通

車両と記念写真に納まる箱根登山鉄道の抱山洋之社長ら 箱根登山鉄道(本社・神奈川県小田原市)は23日、昨年10月の台風19号で橋脚が流失するなどして運休が続いていた箱根湯本―強羅間で運転を再開した。約9カ月ぶりに全線で運行が再開され、観光客や関係者か…

#188 マンション資産価値「激減」の恐怖、逗子の斜面崩落・武蔵小杉タワマン水害…

武蔵小杉のタワーマンション 『週刊ダイヤモンド』2月29日号の第1特集は「地震、水害に強く、資産価値が下がりにくいマンション・ランキング1410」です。天災が多発する昨今、災害に強いとされてきたマンションの資産価値が激減する事態が頻発しています。逗…

#166 武蔵小杉タワマン住民の「本当の悲劇」がこれから始まる【その4】

「また水没したら終わり」 人がいなくなればなるほど、共用費は当然高くなる。憧れだった共用ラウンジやプライベートシアターまでも、家計の負担になっていく。自室や建物の外観に損傷がなくても、内部ではマンション運営の「崩壊」が始まることになる。 浸…

#165 武蔵小杉タワマン住民の「本当の悲劇」がこれから始まる【その3】

修理費用は誰が出す 管理組合加入の損害保険も、保険金が下りるのはあくまで共用部分の修理などにかかる費用のみ。しかも、その保険が水害に対応しているかどうかはケースバイケースで、今回のパークシティ武蔵小杉の場合でも、修理費用を全額まかなえるとは…

#164 武蔵小杉タワマン住民の「本当の悲劇」がこれから始まる【その2】

共用部分がネックになる 車を持っていないタワマン住民も関係がないわけではない。マンションのいわゆる「共用部分」の故障は、マンション全体を巻き込むトラブルの原因になることが多い。 '08年に竣工したパークシティ武蔵小杉は、これから初の大規模修繕を…

#163 武蔵小杉タワマン住民の「本当の悲劇」がこれから始まる【その1】

一夜にして水浸しになった武蔵小杉のタワマンは、今も完全復旧していない。まだ表面化していない問題も山積している。災害大国日本で、同じ悲劇があなたの家を襲っても不思議ではない。 仮駐車場まで徒歩40分 「電気や水道はすでに復旧しています。でも、す…

#148 武蔵小杉タワマン住民が要望書 浸水対策で川崎市長に

台風19号の影響で、停電した武蔵小杉エリアのタワーマンション(中央)=2019年10月、川崎市中原区 昨年の台風19号で川崎市中原区の武蔵小杉駅周辺のタワーマンションが浸水した問題を巡り、被災したタワマンを含む12棟の住民らが、同市の福田紀彦市長に再発…

#147 一見華やかで頑丈そうに見えるが…タワマンの弱点「大規模修繕」 マンション業界の秘密

タワマンの修繕工事費用は高騰か 【マンション業界の秘密】 昨年は台風19号のもたらした水害で、電気や水道、トイレが使えなくなったタワーマンション(タワマン)がずいぶんと話題になった。 今年は別の問題でタワマンの弱点が多くの人に知られるかもしれ…

#146 上田電鉄別所線の崩落鉄橋 市が保有して復旧へ 費用8億円以上…大半を国費で 市負担2100万円余りに

上田電鉄別所線 被災した上田電鉄別所線の全線復旧に向けた動きです。上田市はきょう20日、崩れた鉄橋を市が保有した上で、復旧させる方針を示しました。8億円以上かかる費用のほとんどを国費で賄うのが狙いです。 別所線は台風による千曲川の増水で「千曲川…

#133 台風15号で倒壊したゴルフ場 オーナーは今も責任とる気なし

「家屋を建て直す費用と、壊れた家具などを買い替える費用を考えると、ゴルフ練習場には少なくとも2000万円は補償してもらわないと……。このままでは、生活が立ち行きません」 3000万円かけて建てたマイホームを一瞬にして粉々にされた佐藤由美子さん(54)は…

#132 タワマンが被災すると…「武蔵小杉vs.豊洲」災害リスクを比較【その3】

【その2】からの続き 単身者も取り込む武蔵小杉、ファミリー層に強い豊洲 元々は工業地だったが、工場の移転により再開発が進んだという、似たような歴史をもつ「武蔵小杉」と「豊洲」。では、二つの地域を不動産投資の観点から見ていこう。 まず地域の人口…

#131 タワマンが被災すると…「武蔵小杉vs.豊洲」災害リスクを比較【その2】

【その1】からの続き 豊洲は人気のウォーターフロントエリアのひとつ 「職・住・商」が揃うウォーターフロント「豊洲」 一方、武蔵小杉とともに、近年人気の街として脚光を集めたのが「豊洲」は、1923年の関東大震災の瓦礫処理で埋め立てられたエリアである…

#130 タワマンが被災すると…「武蔵小杉vs.豊洲」災害リスクを比較【その1】

多摩川から武蔵小杉方面を望む 人口減少の局面になり、厳しさが増す不動産投資。今後、どこが投資エリアとして有望なのか。不動産投資には欠かせない要素である「人口」や「不動産取引の現状」などをもとに、検討していく。今回紹介するのは、タワーマンショ…

#129 「ムサコはもう無理」トイレ禁止タワマンの末路

「武蔵小杉はもう無理かもしれない」。2019年10月12日、日本列島に上陸し、甚大な被害をもたらした台風19号。武蔵小杉駅前に立つタワーマンション「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」では地下の電気系統が浸水。停電や断水などの被害が起…

#125 災害に強いとは言えない…台風被害で分かったタワマンの“弱点” マンション業界の秘密

【マンション業界の秘密】 日本は毎年のように大きな災害に見舞われている。2019年は台風の年だった。特に10月12日から13日にかけて関東から甲信越、東北に襲いかかった19号の被害は甚大だった。 多くの住宅が流されたり泥水につかったりする映…

#124 ふるさと納税で箱根登山鉄道支援へ

神奈川県箱根町は、去年10月の台風19号の影響でいまも一部の区間で運休が続く箱根登山鉄道を支援しようと、今月6日からふるさと納税を通じた寄付を呼びかけることにしています。 箱根登山鉄道は、台風19号の影響で土砂崩れや倒木などが相次ぎ、箱根湯本駅と…

#121 災害関連死か判定協議へ 台風19号被災後死亡【長野県】

災害関連死について考える 昨年10月の台風19号で大きな被害の出た長野市で、被災後の同11月に体調を崩して死亡した男女少なくとも2人について、遺族が避難生活の負担が原因の「災害関連死」ではないかと市に相談していることが3日、遺族への取材で分…

#118 急増している鉄道の被災 2020年は鉄道網維持のための立法措置が必要だ

昨年の台風では三陸鉄道も被害を受けた。東日本大震災に続く被害は鉄道には痛手だ 大規模な風水害や地震などにより、近年鉄道が被災することが多くなっている。被災した路線の中には、JR北海道の日高本線のように廃止が実質的に決まったようなところもあり、…

#115 駅伝観戦、箱根混雑か 登山電車運休で渋滞懸念

箱根登山鉄道運休のため混雑が予想される箱根湯本駅周辺 正月恒例の箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)。10区間の中でも箱根山を駆け抜ける往路の5区、復路の6区は勝負の鍵を握る見どころとされるが、今回は別の面でも注目されている。 多くの観戦…

#114 ふっこう割 箱根町などで始まる

ふっこう割 台風19号で被災した地域の旅館やホテルに宿泊すると、1泊あたり最大5000円が割り引かれる「ふっこう割」が、神奈川県の箱根町などで始まりました。「ふっこう割」は災害で観光客が落ち込んだ被災地域を支援しようと、国が観光客の宿泊や旅…