コストライフ㈱の防災ブログ

~命を守る行動を~

インフルエンザ

#181 全米でインフルエンザの猛威続く 死者1.4万人、感染者2600万人

全米でのインフルエンザによる死者が1万4000人に達したことがわかった 米国でインフルエンザの猛威が続いている。米疾病対策センター(CDC)によると、今シーズンの感染者は全米で少なくとも2600万人、死者は少なくとも1万4000人に増えた。…

#159 新型肺炎の対策効果?  インフル、低調に推移

全国のインフルエンザ患者数が低調に推移しており、今年第4週(1月20~26日)は推定65万4000人と、前年同週の222万6000人を大幅に下回っている。 新型コロナウイルスによる肺炎を警戒し、マスク着用や手洗い徹底などの対策を取る人が増える中、専門家は「対…

#126 インフルエンザ流行のピークはこれから、予防接種済みの人も警戒すべき理由

インフルエンザ(イメージ) 今シーズン(2019~20年)のインフルエンザは立ち上がりが早く、流行のピークも例年より、早まる兆しがみえている。 ここ数年の傾向をみると、まず代表的なA型とその亜種が猛威を振るった後、B型が続くというパターンで、運悪…

#105 インフルエンザ大流行の兆し…発症後48時間が“勝負” 辛くても医療機関で受診を

先週末の2019年12月20日現在、当院でのインフルエンザ患者数は1日平均5人です。例年に比べて3週早く流行期に突入したと言えます。流行が早まったからといって、収束も早くなるものではありません。このままですと、おそらく1月中には厚労省から…

#104 貴源治 冬巡業でインフル申告も協会関係者が取組を指示 感染拡大の恐れあり「あり得ない」

大相撲の十両・貴源治(22=千賀ノ浦部屋)が、インフルエンザに感染しているにもかかわらず冬巡業の取組で相撲を取っていたことが22日までに、分かった。11日に佐賀県佐賀市で行われた巡業先の病院でインフルエンザA型と診断されたが、日本相撲協会関係者に…

#102 インフルエンザでもマスクをしない迷惑上司、ウイルスまき散らしの代償【その4】

【その3】からの続き 「インフルエンザで休むな」発言がパワハラに? 翌朝、部長も結局インフルエンザだったらしく、休みの連絡が入った。皆は、インフルエンザは、もともと最初にくしゃみをしていた部長が原因だったのでは?と噂した。 すると、その日の午…

#101 インフルエンザでもマスクをしない迷惑上司、ウイルスまき散らしの代償【その3】

【その2】からの続き 「うちの会社もインフルエンザがはやっていて、大変ですよ。社内は予防を徹底していますが、取引先が出入りするのでね」 北野は、まるで取引先がウイルスを持ち込んでくるかのようにいまいましげに言った。北野がしつこく「インフルじ…

#100 インフルエンザでもマスクをしない迷惑上司、ウイルスまき散らしの代償【その2】

【その1】からの続き 部長は体調が悪かろうが、親が危篤だろうが、仕事第一の仕事人間だ。しかも、それを部下にまで強要するので、皆には「昭和のパワハラ上司」と陰口をたたかれている。 おとなしい南田は、「営業のくせに酒も飲めないのか?」「土下座し…

#99 インフルエンザでもマスクをしない迷惑上司、ウイルスまき散らしの代償【その1】

インフルエンザの疑いがあるのに職場でマスクをせず、ウイルスをまき散らす迷惑上司の行為は果たして許されるのか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA 体調不良でも休まない部長。「インフルエンザくらいで休むのは気合が足りない!」と自分のポリシーを社…

#97 インフル流行、全国で注意報レベルに ピーク早まる恐れ

インフルエンザウイルス 厚生労働省は20日、インフルエンザの流行が全国的に注意報レベルになったと発表した。全国約5千の医療機関の患者数の平均が直近の1週間(9~15日)で15・62人となり、注意報レベルの10人を超えた。前週の9・52人と比…

#72 インフルエンザ流行早く ピークは年末年始か

先月末から今月初めにかけて報告されたインフルエンザの患者数が去年の同じ時期と比べて、およそ6倍に達し、例年よりも早く流行が広がっています。 厚生労働省によりますと、先月25日から今月1日までの1週間に全国の5000の病院から報告があったイン…

#69 インフルエンザで出勤って…

朝、目覚めるとなんだか体がだるい。熱もある。「インフルエンザかなあ…。どうしよう」「やるべき仕事片づいてないし、でも休んだら上司はなんて言うかなあ…」。ちょっと待って!あなたのその判断、多くの人に迷惑かけるかもしれないですよ! ネットには… イ…

#61 インフルエンザの予防接種は無料にしないと危険な理由【その3】

医師が予防接種を勧めるインセンティブは乏しい? 医師の中には、「医は仁術であるから、利己的に自分の利益だけを考えて行動すべきではない」と考える立派な方が多いと思うが、本稿においては「自分の利益だけを考える医師」のインセンティブについて考えて…

#60 インフルエンザの予防接種は無料にしないと危険な理由【その2】

「無料にする必要はなく、価格を1999円に設定して残額を政府が負担すれば良い」という考え方もあろうが、貧しい人が1999円を惜しんで予防接種を受けずに罹患し、世の中に迷惑をかけるリスクを考えれば、無料にする方が合理的だ、という考え方も十分に説得力…

#59 インフルエンザの予防接種は無料にしないと危険な理由【その1】

インフルエンザの流行期が近づき、予防接種を受ける人が増え始める季節である。ところが、予防接種の費用を惜しんで受けない人も多いようだ。それならば、流行を防ぐためにも国が費用を負担すべきであろう。(久留米大学商学部教授 塚崎公義) インフルエン…

#50 ゾフルーザ効かないインフル広まる恐れ 空気感染も確認

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」が効きにくい耐性ウイルスは、薬の効くウイルスと同じくらい感染力があり、症状が重くなる可能性があることが、東京大の研究チームの研究でわかった。 25日付の科学誌「ネイチャーマイクロバイオロジー」に論文を発表した…

#49 インフルエンザ 異例の早さで全国的に流行シーズン入り

先週15日、厚生労働省が、「インフルエンザが全国的な流行シーズンに入った」と発表し、注意を呼び掛けている。 例年、インフルエンザは12月から3月にかけて流行するが、今年はほぼ2~3週間ほど早く流行が始まったことになる。11月中旬での「流行入…